プロフェッショナルは汗を見せない

こちらの記事もどうぞ

3 レスポンス

  1. さいとうさん より:

    私も進学校を目指し人の4~5倍の努力をし、さらにその中での頂点を目指す努力を一時期(笑)はしていたので、この文章の意味が分かります。
    当時、勝つことが嬉しいこともあれば、行き詰まり、もう自分にはこれ以上はないんじゃないかと、悩んだことがありました。
    しかし大切なのは、ブレイクスル-する時が来るまで、努力し続けることが重要なのだと振り返って思います。また、本当の敵は自分自身の弱さなのだと、その後職場の先輩に教わりました。

    ちなみに、何の世界でも、2番と3番の力はそう変わらないけれど、1番と2番の力の差は10倍違うのだそうです。納得です。

    お洒落もそうですよね。ドヤこれ!みたいに見せつけてるのって、大抵ダサい…(身に覚えがあるので激痛の黒歴史)。
    そうでないものほど、そうだと語りたがる(苦笑)
    知る人ぞ知るをさりげなくを目指したいです。けど、玄人にも素人にも分かる、っていうのも大切ですかね?どうなんでしょう、追求、追求。

    人間死ぬまで修行ですね(*゜ー゜)ゞ⌒☆

    「知る者は語らず、また語る者は知らず」…みたいな言葉がありましたね…。

  2. さいとうさん より:

    ※「知る人ぞ知るをさりげなく」を目指したいです。→の、表記ミスです★
    失礼致しました( ノД`)…

  3. riverman.jp より:

    いつもありがとうございます。
    努力と言葉にするのは簡単ですが、いかに自分らしく実行できるか、実行し続けることができるか、が大事ですよね。おっしゃるとおり、死ぬまで修行ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です